メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  最も難しい宇宙飛行士の訓練は?

宇宙で探るMedicalFrontier 宇宙で探るMedicalFrontier

最も難しい宇宙飛行士の訓練は?

JAXA宇宙飛行士・運用管制ユニット 嶋田 和人

 2017年12月08日 06:15
プッシュ通知を受取る

ISSにおける日本の持ち分は12.8%

 国際宇宙ステーション(ISS)はUS Orbital Segment(USOS)とRussian Orbital Segmentによる共同運用で、USOSは米国・日本・欧州・カナダの部分です。船内マニュアルは、医療分野も含め英語とロシア語の2カ国語併記。日本人宇宙飛行士もロシア語を学ぶ必要があり、これが最も大変な課目といえるでしょう。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の医師はロシア語に習熟できるほど訓練を受けていないので、ロシア出張中は通訳につながる携帯電話を握りしめています。

 日本はUSOSの利用権を12.8%持っています。飛行士打ち上げの割合も同じ。金銭は用いず、打ち上げサービスや装置の物々交換で決済する方式です。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  最も難しい宇宙飛行士の訓練は?

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12511845 有効期限:12月末まで