メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  宇宙飛行中の医療

宇宙で探るMedicalFrontier 宇宙で探るMedicalFrontier

宇宙飛行中の医療

JAXA宇宙飛行士・運用管制ユニット 嶋田 和人

 2017年12月17日 07:00
プッシュ通知を受取る

ソユーズ宇宙船では薬も最小限

 今月(2017年12月)に打ち上げが予定されている、金井宣茂宇宙飛行士らが搭乗したソユーズ宇宙船のミッションでは、国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングまで2日かかります。6時間でISSに到着する場合と違い、飛行時間に余裕があり、カプセルから出て隣の軌道モジュール(トイレもあり)で体を伸ばすことも可能なため、快適らしいです。打ち上げ時の酔い止めには最近メクリジンが多用されています。飛行中に開封できる荷物の量が極めて限られているため、個人別に小分けをして薬剤を持っていきます。

 帰還時は飛行の途中で軌道モジュールを切り離してしまうので、飛行士は数時間しっかり椅子に固定されたままです。他人への医療行為は無理ですから、緊急帰還は医療倫理を考える上で論点にもなっています。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  宇宙飛行中の医療

error in template: found but mtif was expected