メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】図書館との関わり

時間の風景 時間の風景

【Essay】図書館との関わり

東海大学脳神経外科教授/同大学伊勢原図書館館長 松前 光紀

 2017年12月17日 07:30
プッシュ通知を受取る

松前光紀氏

 私は1990年から2年間ボストンのHarvard大学へ留学する機会を得ました。当時、在Bostonの邦人は学生を除くと少なく、日本語の雑誌などは友人のグループで担当を決めて日本から郵送してもらい皆で回し読みをしており、ネット社会の今では考えられない生活でした。その留学先の研究室で初めて与えられたミッションはメールアドレスの取得でした。ボスからの指令、研究者間の連絡、データの添付、論文の校閲、全てにインターネットが必要で、こんな便利なものがあるのかと驚嘆した自分を思い出し、そしてこれが私とインターネットが繋がる起点となりました。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】図書館との関わり

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12511910 有効期限:12月末まで