メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  間違いだらけの医療経営 »  その待ち時間対策、間違っていませんか?

間違いだらけの医療経営 間違いだらけの医療経営

その待ち時間対策、間違っていませんか?

ハイズ株式会社 裵 英洙

 2017年12月20日 19:35
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

「待ち時間」は患者の不満の第1

 多くの診療所経営者は、患者からの不満対策・クレーム対応に日々頭を悩ませている。その中でも、患者の不満の上位に来るのが「待ち時間」に関するものだろう。厚生労働省の2014年受療行動調査によると、外来患者の「不満」の最多が「診察までの待ち時間」(27.4%)で、2位の「診察時間」(8.4%)と3位の「医師による診療・治療内容」(6.0%)を大きく離している。

 今回は、患者も医師も悩んでいる「待ち時間」対策に関してお話ししたい。

 まず、待ち時間の不満は、「量」と「質」の問題に因数分解される。つまり、絶対的な待っている時間(量)と待っている時間の過ごし方や待たされる環境(質)である。例えば、待ち時間はそれほどないものの、待合室が狭い、置かれている雑誌が古い、などの場合は「質」の問題だ。当然、1時間以上待たされる、といった不満は「量」の問題だ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  連載・特集 »  間違いだらけの医療経営 »  その待ち時間対策、間違っていませんか?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12511925 有効期限:12月末まで