メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  閉鎖環境ならではの問題点

宇宙で探るMedicalFrontier 宇宙で探るMedicalFrontier

閉鎖環境ならではの問題点

JAXA宇宙飛行士・運用管制ユニット 嶋田 和人

 2017年12月28日 06:05
プッシュ通知を受取る

窓が開けられないISS

 国際宇宙ステーション(ISS)内の気圧、酸素と窒素の組成は地上と同じに保たれています。閉鎖循環式麻酔と同様に、宇宙飛行士が消費した分の酸素を供給し、二酸化炭素を除去。空調フィルターで取り除けない物質は永久にキャビン内に残ります。恐ろしいのは火事によるガスの発生で、ミール宇宙ステーションでは火災発生以降、飛行士が長い間呼吸装置を装着していました。スペースシャトルではプリンターのケーブルが焼ける事故が発生。事故後に行った実験で、被覆材が30cm燃焼した際に発生したガスで青酸中毒を来す可能性があることが判明したため、全てのケーブルが交換されました。日本では、こういった実験で活躍するトキシコロジストが養成されていないようです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  閉鎖環境ならではの問題点

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R09512104 有効期限:9月末まで