メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  2018花粉症対策 »  花粉症座談会①症状、治療薬、対策製品

2018花粉症対策 2018花粉症対策

花粉症座談会①症状、治療薬、対策製品

 2017年12月28日 06:30
プッシュ通知を受取る

1712066_face.jpg

出席者(左から) 永倉 俊和 用賀アレルギークリニック院長
大久保 公裕 日本医科大学大学院 頭頸部・感覚器学分野 教授
木村 康子 木村耳鼻咽喉科小児科医院副院長

 毎年、花粉症の症状から治療・対策法まで幅広い観点からアンケートを実施してきたMedica Tribuneでは、今年(2017年)も舌下免疫療法(SLIT)を実施した経験がある同ウェブ会員182人を対象にアンケートを行った。その結果から、花粉飛散期に見られる特徴的な症状、経口薬や鼻噴霧薬といった従来の治療薬における処方動向、花粉対策製品の特徴・課題などが明らかにされた。花粉症治療およびSLITの専門家である日本医科大学大学院頭頸部・感覚器学分野教授の大久保公裕氏、用賀アレルギークリニック(東京都)院長の永倉俊和氏、木村耳鼻咽喉科小児科医院(東京都)副院長の木村康子氏に今回の結果を検討・分析の上、意見を交わしてもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  2018花粉症対策 »  花粉症座談会①症状、治療薬、対策製品