メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  2017年3大ニュース&2018年医学はこうなる »  【2018年 医学はこうなる】 仲本光一

2017年3大ニュース&2018年医学はこうなる 2017年3大ニュース&2018年医学はこうなる

【2018年 医学はこうなる】 仲本光一

外務省診療所長

 2017年12月29日 06:00
プッシュ通知を受取る

私が選んだ2017年 医学3大ニュース

1. AI元年

 優れた学習機能、情報処理速度の飛躍的な進歩に伴い、各分野での人工知能(AI)の活用が始まっている。自動運転や小売業での無人化は間近になりつつある。医療においても、診断ではX線やCT・MRI、超音波の読影はもとより、ウイルスなど感染症における診断、内視鏡におけるがん細胞診断などにおいても、人を凌駕する技術が登場しつつある。臨床治験においてもAIが活用され始めており、より早い新薬の開発が可能になることが期待されている。

2. 世界の健康格差解消への取り組み元年

 人の移動がますます流動化・高速化し、国境が意味をなさなくなってきている。人々は医療を求めて国境を越える。難民問題も欧州だけの問題ではない。そうした中、あらためて、世界中の人々の健康の底上げが一番の近道であるとの議論が始まった。グローバルヘルス合同大会でも、テーマは「思いは1つ。健康格差の改善」であり、感染症の世界においてもワンワールド的な取り組みが重要であることが認識された。

3. 遺伝子治療元年

 従来の西洋医学は、"誰に対しても有効な平均的治療"を目的としていた。昨今の研究によりがん細胞でもそれぞれ遺伝子タイプが異なることが判明し、そのタイプに応じた治療が開発されてきた。また、人それぞれの固有の遺伝子を解析することにより、予防的な介入も可能になった。これは、医療経済の面でも、大きな進歩になる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

子どものころ好きだった昆虫は?

ホーム »  連載・特集 »  2017年3大ニュース&2018年医学はこうなる »  【2018年 医学はこうなる】 仲本光一

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R08511991 有効期限:8月末まで