メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  BioとJAK阻害薬をめぐる最近の話題

疾患トピックス 疾患トピックス

BioとJAK阻害薬をめぐる最近の話題

 2018年01月25日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2017年)、関節リウマチ(RA)治療薬として2剤目となる分子標的型合成抗リウマチ薬(JAK阻害薬)と、新しい生物学的製剤(Bio)であるインターロイキン(IL)-6受容体阻害薬がわが国に登場した。欧州リウマチ学会(EULAR)レコメンデーション2016の治療アルゴリズムにおいて、JAK阻害薬はBioと同列に位置付けられた。またBioは、長期に寛解が維持されていれば投与量の減量または投与間隔の延長を考慮するとの記載が新設された。近年のRA治療の動向について、産業医科大学第1内科学講座教授の田中良哉氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

どんな昼休みを過ごしていますか

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  BioとJAK阻害薬をめぐる最近の話題

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R06512608 有効期限:6月末まで