メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】がん関連静脈血栓塞栓症

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】がん関連静脈血栓塞栓症

 2018年01月31日 06:25
プッシュ通知を受取る

 がん患者では、腫瘍組織からの凝固促進因子の分泌による凝固能亢進状態に加えて、手術、化学療法薬、免疫調整薬、血管新生阻害薬、放射線療法、中心静脈カテーテル留置、安静仰臥などさまざまな要因により、静脈血栓塞栓症(VTE)発症リスクが上昇する。VTEはがん患者の4~20%に合併し、そのリスクは非がん患者の4~7倍に上ると報告されている。VTE合併がん患者の予後は不良で、1年生存率は12%、死亡率はVTE非合併がん患者の2倍以上に達するとされる。がんにおける血栓形成の機序としては、患者の活動性低下やがんによる静脈圧排などでの静脈うっ滞、がんの静脈への浸潤、化学療法や中心静脈カテーテル留置などによる血管壁への影響が考えられている(関連記事「歯周病が虚血性脳卒中と関連」)。

  

ピックアップコンテンツ

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】がん関連静脈血栓塞栓症

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R02512735 有効期限:2月末まで