メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  そこまでやるか!? 驚嘆のスタディ

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

そこまでやるか!? 驚嘆のスタディ

神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

 2018年02月01日 06:25
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

研究の背景:日本でも昔はコモンだった腸チフス

 皆さんは、腸チフスという疾患をご存じだろうか。ご存じない方も少なからずいらっしゃるのではと推察する。病名を聞いたことがないという人だって、珍しくはないはずだ。そのくらい日本では珍しい病気になっている。

 しかし、国際的には非常に重要かつコモンな疾患である。日本でも輸入感染症として時々(われわれ感染症屋は)見る。

 昔は、日本でも割とコモンな疾患だった。五社英雄監督の『鬼龍院花子の生涯』では、主人公を演じる夏目雅子が腸チフスになり、抗菌薬なしで自然治癒している(!)。ちなみに、岩下志麻が演じる養母は腸チフスで死亡した。

 この程度の説明では「ふーん、そう」と流されてしまいそうなので、もう少しつかみのポイントを加えておくと、同作は夏目雅子のヌードシーンが出てくる映画だ。あ、そこの先生、目、覚めましたか?

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  そこまでやるか!? 驚嘆のスタディ