メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  筑波での船外活動準備

宇宙で探るMedicalFrontier 宇宙で探るMedicalFrontier

筑波での船外活動準備

JAXA 宇宙飛行士・運用管制ユニット 嶋田 和人

 2018年02月03日 13:30
プッシュ通知を受取る

筑波にもプールがあった

 船外活動を地上で模擬するにはVirtual Realityも若干使用していますが、大部分は水中で設計検証と宇宙飛行士の訓練を行います。現在、大規模なプールはNASA・ヒューストン、ロシア・星の街、ESA(欧州宇宙機関)・ケルンにあります。特殊な仕事をする要員の訓練や定期的な非常事態対処訓練も必要で、維持にはコストがかかります。筑波のプール「WETS」は模擬のために1996年から2005年まで使われ、2012年に撤去されました。水中用の宇宙服着用者は1人もしくは2人ですが、スキューバダイバー約15人に加え、在籍していたJAXA飛行士全員やNASA飛行士も参加して賑やかな運用でした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  筑波での船外活動準備

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R10512738 有効期限:10月末まで