メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  間違いだらけの医療経営 »  再診患者をいかに獲得するか

間違いだらけの医療経営 間違いだらけの医療経営

再診患者をいかに獲得するか

ハイズ株式会社 鈴木 裕介、裵 英洙

 2018年02月20日 11:34
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

1:5の法則―クリニックを支えるのは再診患者である

 今回はクリニックの経営の基盤となる、再診患者の獲得方法について説明したい。

「1:5の法則」とはマーケティング用語で、新規顧客を獲得するには、既存顧客の5倍のコストがかかるという法則のことだ。新規顧客を獲得するには広告料がかかるが、再診の場合はそのコストがゼロになる。病態を既に把握しているので、1回当たりの診察時間は初診時に比べて短くて済む場合が多い。さらに特定疾患(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)のかかりつけ患者であれば、「治療計画に基づいた指導」を行うことで「特定疾患療養管理料」を算定することができるので、診療単価の高い患者が定期的に受診してくれることになる。つまり、再診患者の割合が増えれば増えるほど、クリニックの経営は安定するということだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  間違いだらけの医療経営 »  再診患者をいかに獲得するか

error in template: found but mtif was expected