メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  KAPのギャップを埋めるために

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

KAPのギャップを埋めるために

神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

 2018年03月01日 06:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

研究の背景:たった19%の手指消毒遵守率

 われわれの業界で"KAP"と呼ばれる問題がある。これは、物事を実行に移すときの3段階、knowledge(知識)、attitude(態度)、practice(実践)の頭文字を略したものだ。

 例えば、医療機関での手指消毒だ。感染対策加算を取るために、病院では感染対策のレクチャーを定期的に行う。アルコール消毒薬での手指消毒の重要性が強調される。レクチャー後のアンケートや小テストでは、患者ケア前後の手指消毒の価値を問われる。もちろん、答えはイエスだ。知識として、職員は手指消毒の重要性をよく承知している。

 問題は、だ。知識としては持っていても、それを現場で毎日、毎回実践しよう、という態度を示す職員はそれほど多くはない。さらに、これをやろうと思い、本当にやっている職員となると、さらに少数派に属するということだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  KAPのギャップを埋めるために

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R08513246 有効期限:8月末まで