メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  医師飛行士が被験者になるとき

宇宙で探るMedicalFrontier 宇宙で探るMedicalFrontier

医師飛行士が被験者になるとき

JAXA 宇宙飛行士・運用管制ユニット 嶋田 和人

 2018年03月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

スカイラブ宇宙ステーションの飛行士は全員が被験者だった

 NASAスカイラブは太陽望遠鏡での観測の成果などもありましたが、壮大な宇宙医学実験プログラムとして記憶されています。"Biomedi­cal Results from SKYLAB"(1977)は、丸々NASAのサーバーから取得できます。私は紙版を1986年にNASA本部の売店で買いました。

 スペースシャトルでもNEUROLABという大きな実験がありました。ところが国際宇宙ステーション(ISS)では打ち上げ前の計画で飛行士の時間が取れないとして、飛行士はなるべく被験者として使わない方針で始まったのです。現時点では修理も少なく、作業時間のひどい逼迫はないようです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  医師飛行士が被験者になるとき

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R08513278 有効期限:8月末まで