メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  医師飛行士が被験者になるとき

宇宙で探るMedicalFrontier 宇宙で探るMedicalFrontier

医師飛行士が被験者になるとき

JAXA 宇宙飛行士・運用管制ユニット 嶋田 和人

 2018年03月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

スカイラブ宇宙ステーションの飛行士は全員が被験者だった

 NASAスカイラブは太陽望遠鏡での観測の成果などもありましたが、壮大な宇宙医学実験プログラムとして記憶されています。"Biomedi­cal Results from SKYLAB"(1977)は、丸々NASAのサーバーから取得できます。私は紙版を1986年にNASA本部の売店で買いました。

 スペースシャトルでもNEUROLABという大きな実験がありました。ところが国際宇宙ステーション(ISS)では打ち上げ前の計画で飛行士の時間が取れないとして、飛行士はなるべく被験者として使わない方針で始まったのです。現時点では修理も少なく、作業時間のひどい逼迫はないようです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  医師飛行士が被験者になるとき

error in template: found but mtif was expected