メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  今日はなんの日? »  3月3日は耳の日・ 世界聴覚デー

今日はなんの日? 今日はなんの日?

3月3日は耳の日・ 世界聴覚デー

 2018年03月03日 06:00
プッシュ通知を受取る

 耳の日は、難聴と言語障害を持つ人々の悩みを少しでも解決したいという社会福祉への願いから始められたもので、日本耳鼻咽喉科学会の提案により1956年に制定された。その前年の3月3日には、難聴研究会(現・日本聴覚医学会)が聴力保護の日として無料相談を行った。日本耳鼻咽喉科学会では毎年「耳の日」に、都道府県ごとに難聴で悩んでいる人々の相談や、一般の人々に耳の病気や耳の大切さを知ってもらうための活動を行っている。3月3日をミ(3)ミ(3)と読む語呂合わせから制定されたが、この日は電話の発明者で、聾教育者であったグラハム・ベルの誕生日でもある。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  連載・特集 »  今日はなんの日? »  3月3日は耳の日・ 世界聴覚デー

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12513279 有効期限:12月末まで