メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  原発性高脂血症の早期診断・治療に向けて

疾患トピックス 疾患トピックス

原発性高脂血症の早期診断・治療に向けて

脂質検査と遺伝子診断が鍵

 2018年03月12日 06:20
プッシュ通知を受取る

 原発性高脂血症は、明確な原因が認められないにもかかわらず顕著な高脂血症または低脂血症を呈する一連の疾患群である。健康人と比べて若年性冠動脈疾患・急性膵炎・腎障害などの発症リスクが高いため、早期診断により小児期から食事療法や薬物療法による介入が必要となる。しかし、わが国における治療実態や予後については必ずしも明らかにされていない。自治医科大学内分泌代謝学部門教授の石橋俊氏は「全国民に対して脂質検査を行い、疑われる場合は遺伝子診断を行うことで早期診断・治療が可能になる」と話している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  原発性高脂血症の早期診断・治療に向けて

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R07513269 有効期限:7月末まで