メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】糖尿病性腎臓病(DKD)

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】糖尿病性腎臓病(DKD)

 2018年03月16日 06:25
プッシュ通知を受取る

 2007年に米国腎臓財団のKidney Disease Outcomes Quality Ini­tiative(K/DOQI)によって定義された新しい疾患概念(Am J Kidney Dis 2007; 49: S12-S154)。これまで糖尿病腎症の典型例では、まず微量アルブミン尿が出現し、顕性蛋白尿の出現、腎機能の急速な低下を経て末期腎不全(ERSD)に至るとされていた。しかし、糖尿病を有するERSD患者の中に蛋白尿を伴わない例が認められるようになり、従来の糖尿病腎症とは異なる疾患概念の確立が求められた。K/DOQIでは、腎生検に基づく病理所見を診断の必要条件とせず、糖尿病がその発症・進展に関与すると考えられる慢性腎臓病をDKDとした。

■ 関連記事

2学会がかかりつけ医から専門医への紹介基準を公表

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】糖尿病性腎臓病(DKD)

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R10513434 有効期限:10月末まで