メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  悪化し始めたら吸入ステロイドを4倍に?

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

悪化し始めたら吸入ステロイドを4倍に?

喘息管理のストラテジー

 2018年04月06日 06:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:吸入ステロイドの一時的な増量はよく行われている

 実臨床では、「なんか最近調子が悪い」という訴えで吸入ステロイド薬(ICS)を増量することがある。特に花粉症の時期に喘息コントロールが悪化する一群に対して行われており、専門用語でadjustable maintenance dosing(AMD)療法と呼ぶ。AMD療法は主に、ICSと長時間作用性β2刺激薬(LABA)の配合剤ブデソニド/ホルモテロール(シムビコート®)を用いて行われるもので、Single inhaler maintenance and reliever therapy (SMART療法)が普及してからというもの、鳴りを潜めている。

 AMD療法は、喘息増悪要因により気道炎症が悪化した際、一時的に長期管理薬としてのICSを増量する手法である。例えば、前述したように花粉症の時期に必ず喘息発作が悪化する人では、冬の終わりごろからICS用量を増やして、夏になるとICS用量を減らすというものだ。また、ストレスが多くなるような旅行に行く前や、なんとなく風邪っぽいときにICS用量を増やすといった対応もAMD療法に含まれる。同じタイプの配合剤であるフルチカゾンプロピオン酸エステル/サルメテロール(アドエア®)の固定用量との比較において、シムビコート®を用いたAMD療法の方が有意に喘息症状を改善させ喘息発作を減らしたという報告もある(Respir Res 2007;8:46)。

 ともかく、実臨床でAMD療法は恐らく頻繁に行われているが、ICSを4倍に増やすという手法はどうだろうか。「そこまで増やさなくてもいいんじゃないか」という意見もありそうだが、今回大規模臨床試験において、喘息コントロールが悪くなり始めた時点でICSを4倍に増量するというストラテジーが評価された(N Engl J Med 2018;378:902-910)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  悪化し始めたら吸入ステロイドを4倍に?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R04513699 有効期限:4月末まで