メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  創刊50周年記念企画 »  アルツハイマー病の超早期治療に挑む

創刊50周年記念企画 創刊50周年記念企画

アルツハイマー病の超早期治療に挑む

発症メカニズムに即し発症前に治療

 2018年04月13日 06:20
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

 アルツハイマー病(AD)は記憶障害などの進行性の認知機能障害を主徴とする神経変性疾患で、病理学的変化が10数年から20年かけて進行し、症状が出現したときには既に病理学的変化はかなり進行している。ADの根本的治療は、発症メカニズムに即して症状の出現前を対象とする方向にあるという。東京大学大学院神経病理学分野教授の岩坪威氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  創刊50周年記念企画 »  アルツハイマー病の超早期治療に挑む