メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  創刊50周年記念企画 »  アルツハイマー病の超早期治療に挑む

創刊50周年記念企画 創刊50周年記念企画

アルツハイマー病の超早期治療に挑む

発症メカニズムに即し発症前に治療

 2018年04月13日 06:20
プッシュ通知を受取る

27名の先生が役に立ったと考えています。

 アルツハイマー病(AD)は記憶障害などの進行性の認知機能障害を主徴とする神経変性疾患で、病理学的変化が10数年から20年かけて進行し、症状が出現したときには既に病理学的変化はかなり進行している。ADの根本的治療は、発症メカニズムに即して症状の出現前を対象とする方向にあるという。東京大学大学院神経病理学分野教授の岩坪威氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  連載・特集 »  創刊50周年記念企画 »  アルツハイマー病の超早期治療に挑む

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R07513869 有効期限:7月末まで