メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】血管不全(Vascular Failure)をめぐって

時間の風景 時間の風景

【Essay】血管不全(Vascular Failure)をめぐって

佐賀大学医学部内科学講座 主任教授 野出 孝一

 2018年04月22日 06:05
プッシュ通知を受取る

1804103_ph1.jpg

 「血管不全(Vascular Fail­ure)」は2004年に獨協医科大学の井上晃男先生とともに、Journal of Hypertension誌に発表させていただいた概念です。ヒトの血管の全長は地球一周以上で、最大の臓器であり、血管機能障害が起これば、全身の臓器不全が生じます。臓器や細胞同士の連携や情報伝達などの体内ネットワーク機構には、血管の物理的振動や血管内皮由来因子などの血管機能が関与しているとの報告もあります。したがって血管機能を正確に評価し、正常に保つことは、疾患の早期診断や予防に有効である可能性があります。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】血管不全(Vascular Failure)をめぐって

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R10514040 有効期限:10月末まで