メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 川口浩(整形外科) »  整形外科の痛みにオピオイドは必要か

ドクターズアイ 川口浩(整形外科) ドクターズアイ 川口浩(整形外科)

整形外科の痛みにオピオイドは必要か

東京新宿メディカルセンター脊椎脊髄センター長 川口浩

 2018年04月23日 06:15
プッシュ通知を受取る

56名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:オピオイドは国の恥?

 先日、ついに担当編集者から「幅広く話題を扱うように」というご指導を受けてしまった。

 そうはいっても、私は6年ほど前に東大整形外科の教授選に落選して以来、すっかりグレてしまっている。世の中に恐いものが、家内以外に存在しない。いつも、とんでもないことばかり考えている。自分では崇高だと思っている持論が、人が聞くと荒唐無稽、無意味に過激で公序良俗に反するらしい。私が「幅広く話題を扱う」と、間違いなくボツである。

 私は酒が弱く外飲みは超苦手だが、家飲みは唯一の生きがいである。家飲みしながらご高説を垂れるのが何よりの至福のときである。家飲みに付き合ってくれている恐い人から「そんなことは絶対に外でしゃべるな」と、いつもくぎを刺されている。自制心がなくなる前に肝硬変で死んでほしいと願っているに違いない。

 というわけで、今までは強固な自制心を持って、「ロコモ」や「プレガバリン」などの当たり障りのない陳腐な小ネタにとどめてきた。今回は、担当編集者と恐い人のご意向を勘案して、「麻薬と整形外科」というマイルドな話題にする。

 紹介する論文(JAMA 2018;319:872-882)は、整形外科では超メジャー疾患である慢性腰痛と変形性関節症痛の患者を対象とした、オピオイド鎮痛薬と非オピオイド鎮痛薬とのランダム化比較試験(RCT)である。これらの疾患の国際治療ガイドラインでは、総じてオピオイド鎮痛薬の使用には否定的である。背景には、薬物依存、過剰摂取による死者数の増加が挙げられる。特に米国では深刻な社会問題となっており、例の大統領は「国の恥だ」とまで明言している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 川口浩(整形外科) »  整形外科の痛みにオピオイドは必要か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12513887 有効期限:12月末まで