メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  博物館的思考への誘い

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

博物館的思考への誘い

特別展 人体-神秘への挑戦

 2018年05月05日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

1804103_ph2.jpg

 今や、診断や治療のどの部分が最初にAI(人工知能)に取って代わられるのか、真剣に議論される時代となった。現代医学・医療の立脚点が問われるこのような状況では、進歩と誤謬に満ちた医学史の中で現代の知を相対化する勇気、ゾウの心臓とネズミの心臓、サケの腎臓とヒトの腎臓を比べるといったとっぴな発想が必要かもしれない。日常とは異なる時間感覚と視野でものを考える"博物館的思考"の有効性である。この点から、国立科学博物館で開催されている「特別展 人体−神秘への挑戦」の逸品3点を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

参院選の結果、どんな印象?

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  博物館的思考への誘い

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07514043 有効期限:7月末まで