メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  魔法のような脱感作の手法

注目アレルギー論文 注目アレルギー論文

魔法のような脱感作の手法

帝京大学内科学講座呼吸器・アレルギー学教授 山口正雄

 2018年05月08日 06:15
プッシュ通知を受取る

45名の先生が役に立ったと考えています。

 日々、世に送り出される無数の医学研究論文-。それらの内容を全て把握するのは至難の業である。だが、その中には注目すべき論文が人知れず眠っていることもある。今回からスタートするこの連載では、私自身が長年携わってきたアレルギーの領域において、ぜひ知っておいてもらいたい論文を新旧問わず紹介していく。論文紹介にとどまらず、その内容に関連して想定されるQ&Aも随所に盛り込んでいく予定なので、ご愛読くだされば幸いである。初回は、アレルギーがあってもそれを大胆かつ慎重に乗り越えてしまうという勇ましい脱感作法に関する論文(J Allergy Clin Immunol 2008; 122: 574-580)を紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  魔法のような脱感作の手法