メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 石原俊治(消化器) »  IFX先発品からバイオシミラーへのスイッチ

ドクターズアイ 石原俊治(消化器) ドクターズアイ 石原俊治(消化器)

IFX先発品からバイオシミラーへのスイッチ

寛解期炎症性腸疾患における有効性と安全性は?

石原 俊治

 2018年05月09日 06:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:バイオシミラーと先発品は非同一、安全性・有効性評価が必要  後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と同一の有効成分(構造)、同等の臨床効果と安全性を有することが確立された薬剤である。後発医薬品については、開発費や医療情報提供にかかる費用が削減できるため、低価格で販売することが可能...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 石原俊治(消化器) »  IFX先発品からバイオシミラーへのスイッチ