メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  混沌とする軽症喘息の治療

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

混沌とする軽症喘息の治療

シムビコート頓用だけで管理できるか

 2018年05月25日 13:22
プッシュ通知を受取る

24名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:現行指針では軽症喘息には低用量ICS+頓用LABAを推奨

 ブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩配合剤(以下、商品名のシムビコートで表記)には、吸入ステロイド(ICS)と吸入長時間作用性β2刺激薬(LABA)が含まれている。この配合剤のよいところを1つ挙げるとすれば、SMART療法という特殊な吸入法が可能という点である(Thorax 2010; 65: 747-752)。これは、コントローラーとしてシムビコートを吸入している状態で、喘息増悪時にさらにシムビコートを上乗せで吸入することで、発作を抑えるリリーバーとしての役割も兼ね備えるという治療法である※1

 現在、軽症喘息の治療に関してシムビコートが登場する余地はない。なぜなら、Global Initiative for Asthma(GINA)ステップ2※2のような軽症例では「低用量ICS+短時間作用性β2刺激薬(SABA)の頓用」が推奨治療とされているためだ。今回紹介するSYGMA1、2試験(N Engl J Med 2018;378:1865-18761877-1887)では、GINAステップ2の患者を対象としており、この領域にシムビコートの入り込む余地があるのかどうかを検証しようというのだ。

 アストラゼネカ社の助成があるとはいえ、「なかなか貪欲な研究だな」と感じた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ふるさと納税しましたか?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  混沌とする軽症喘息の治療

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12514438 有効期限:12月末まで