メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻㉙「トライエージDOA」でなんか出たら

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻㉙「トライエージDOA」でなんか出たら

 2018年05月28日 06:20
プッシュ通知を受取る

 のっけから商品名で恐縮であるが、救急関係の先生方はよくご存じの薬物検査キットである。添付文書によれば「意識障害があり精神作用物質による急性中毒又はその依存症が疑われる患者の尿中乱用薬物検出のために使用します。」とあり、モノクローナル抗体を使用しているので、フェンシクリジン類、ベンゾジアゼピン類、コカイン系麻薬、覚せい剤、大麻、モルヒネ系麻薬、バルビツール酸類および三環系抗うつ薬に対して感度、特異度ともベンゾ以外はほぼ100%のようである。  

「怪しい」ので尿検査を実施したとしても、陽性結果が出たときに警察へ届け出すべきか否かという相談が医療機関から時々ある。今回はこの件を解説する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻㉙「トライエージDOA」でなんか出たら