メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  耳・鼻の件

宇宙で探るMedicalFrontier 宇宙で探るMedicalFrontier

耳・鼻の件

JAXA 宇宙飛行士・運用管制ユニット 嶋田 和人

 2018年06月10日 06:00
プッシュ通知を受取る

ISSの耳鼻咽喉科

 国際宇宙ステーション(ISS)では微小重力のため、平衡機能関連への対処が種々ありますが、他の耳鼻咽喉領域の要素もあります。まずは救急項目としての鼻出血。キーゼルバッハ部位を越える出血の場合にどうするか、ISS打上げ前に議論がありました。結局バルーン器具の「Nasostat」が医療キットに採用されています。

 次に騒音対策。初期にはロシア区画の空調用ファンがうるさくて、モジュール騒音基準を超えていました。これはファンとダクトの改造で改善し、NC50(建築用基準、約55dBA)にほぼ適合するようになりました。寝室はおおむね50dBA以下と静かです。トレッドミル運動では頭部で70dBA台になるため耳保護具を使います。ISS飛行のために難聴になった例は、今のところないようです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  連載・特集 »  宇宙で探るMedicalFrontier »  耳・鼻の件

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R08514544 有効期限:8月末まで