メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】開胸術後疼痛症候群(Post-thoracotomy pain syndrome;PTPS)

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】開胸術後疼痛症候群(Post-thoracotomy pain syndrome;PTPS)

 2018年06月21日 06:15
プッシュ通知を受取る

「胸部手術の創部に沿って出現する疼痛で、2カ月以上続いたり、繰り返したりするもの」と定義される(Eur J Cardiothorac Surg 2000; 18: 711-7116)。手術により末梢神経が損傷することが機転となる神経障害性疼痛と考えられる。発生機序には精神的・社会的な因子も関与する。開胸手術だけでなく胸腔鏡手術でも発生する。一般的な消炎鎮痛薬が奏効しないケースも多く、プレガバリンやガバペンチンが有効とされる。難治例には神経ブロックが選択されることもある。

■関連記事

胸腔鏡手術後の長引く痛み、"単孔式"で予防

ピックアップコンテンツ

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】開胸術後疼痛症候群(Post-thoracotomy pain syndrome;PTPS)

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R09514721 有効期限:9月末まで