メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  変わる糖尿病腎症の概念、治療も変わる?

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

変わる糖尿病腎症の概念、治療も変わる?

eGFRの自然史を検討したARIC研究から

 2018年06月28日 11:34
プッシュ通知を受取る

60名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:蛋白尿陰性で腎不全に至る糖尿病の存在がクローズアップ  私が学生の頃、(日本では今も)糖尿病腎症とは、①無徴候(あるいは糸球体過剰濾過)②アルブミン尿③蛋白尿④腎不全⑤透析―という進展段階をたどるとされていた(る)。しかし世界的には、最近その概念が大きく変わりつつある。実際、2015年ま...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  変わる糖尿病腎症の概念、治療も変わる?