メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  糖尿病医が抱く高尿酸血症治療への疑問

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

糖尿病医が抱く高尿酸血症治療への疑問

CARES試験から

 2018年07月11日 10:18
プッシュ通知を受取る

66名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:血清尿酸値は心血管イベントと相関するが因果関係は不明

 以前から、血清尿酸の高値は高血圧、脳卒中、心不全発症の予測因子となる(相関関係がある)ことが示されてきた。一方で、昨年(2017年)改訂された日本動脈硬化学会の『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』でも記載されているのは、尿酸高値が危険因子であるか(因果関係があるか)どうかについては不明だということである。つまり、尿酸低下療法で心血管イベントを抑制できるかどうかについてのランダム化比較試験(RCT)のデータが不足しているわけである。

 このような中、尿酸低下療法に関して、心血管イベントへの影響を見たCARES試験がN Engl J Med2018;378:1200-1210)に報告された。さまざまな疑問が未解決なままに残される試験ではあるが、重要と考えるので紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  糖尿病医が抱く高尿酸血症治療への疑問

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R09515056 有効期限:9月末まで