メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  慢性便秘症、GL策定や新薬登場で変革期到来

疾患トピックス 疾患トピックス

慢性便秘症、GL策定や新薬登場で変革期到来

 2018年07月17日 06:10
プッシュ通知を受取る

 慢性便秘症をめぐっては昨今、大きな動きがある。昨年(2017年)10月にはわが国初となる『慢性便秘症診療ガイドライン2017』(以下GL)が刊行され、診断基準や治療の推奨度などが示された。新たな治療薬の登場も目覚ましく、今年4月に発売された新機序の胆汁酸トランスポーター阻害薬をはじめ、欧米で第一選択薬とされるポリエチレングリコールの発売も見込まれている()。患者数が増加しており、医師の診断力が問われる中、診断や治療のポイントはどこにあるのか。GLの策定に加わった横浜市立大学大学院肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏に話を聞いた。

1806012_wfb_ph3.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

子どものころ好きだった昆虫は?

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  慢性便秘症、GL策定や新薬登場で変革期到来

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R08514733 有効期限:8月末まで