メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  慢性便秘症、GL策定や新薬登場で変革期到来

疾患トピックス 疾患トピックス

慢性便秘症、GL策定や新薬登場で変革期到来

 2018年07月17日 06:10
プッシュ通知を受取る

 慢性便秘症をめぐっては昨今、大きな動きがある。昨年(2017年)10月にはわが国初となる『慢性便秘症診療ガイドライン2017』(以下GL)が刊行され、診断基準や治療の推奨度などが示された。新たな治療薬の登場も目覚ましく、今年4月に発売された新機序の胆汁酸トランスポーター阻害薬をはじめ、欧米で第一選択薬とされるポリエチレングリコールの発売も見込まれている()。患者数が増加しており、医師の診断力が問われる中、診断や治療のポイントはどこにあるのか。GLの策定に加わった横浜市立大学大学院肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏に話を聞いた。

1806012_wfb_ph3.jpg

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  慢性便秘症、GL策定や新薬登場で変革期到来

error in template: found but mtif was expected