メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  吸入ステロイドは肺がんを減らす

ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) ドクターズアイ 倉原優(呼吸器)

吸入ステロイドは肺がんを減らす

大規模COPD患者コホート研究から

 2018年07月17日 09:54
プッシュ通知を受取る

25名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:COPD患者は肺がんリスクが高い

 言うまでもないが、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者は一般集団と比べると肺がんを発症するリスクが高い(Prim Care Respir J 2014;23:38-45)。これは両疾患とも喫煙によって起こるので当然だが、実は非喫煙者においても肺気腫は肺がんのリスクを高めるとされている(Am J Respir Crit Care Med 2007;176:285-290)。そのため、喫煙歴を問わず、肺気腫は肺がんの独立したリスク因子と考えられている。

 今回取り上げる研究は、大規模COPD患者コホートから肺がんを発症した人を抽出し、後ろ向きにリスク因子を調べたものである(Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 2018;13:1833-1839)。前向きでない点には注意しなければならないが、スウェーデンの有名コホートからの研究であるため、一読に値する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 倉原優(呼吸器) »  吸入ステロイドは肺がんを減らす

error in template: found but mtif was expected