メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  肝炎は6カ月ごとにエコーで肝がんスクリーニング!

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

肝炎は6カ月ごとにエコーで肝がんスクリーニング!

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2018年07月19日 13:20
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 Lancet2018; 391: 1301-1314)に肝細胞がんの総説(seminar)がありました。著者はスペイン・University of Barcelonaの医師たちです。この著者は肝細胞がんのステージングのThe Barcelona Clinic Liver Cancer (BCLC)systemを開発した医師たちです。

  特に2012年以降の肝細胞がん研究の進歩について解説しています。

 Lancetセミナー「肝細胞がん」最重要点は次の10点です。

  • 肝がんの8割はサハラ以南、東アジアでB型肝炎、アフラトキシンが原因
  • 欧米、日本の肝がんの原因はC型肝炎、アルコール、非アルコール性脂肪肝(DM、肥満)多い
  • 肝がんスクリーニングは6カ月ごとにエコーやるべし、αFPは感度・特異度が低い
  • 1cm以上の肝細胞がんは動脈相で濃染、静脈相でwash out、陽性尤度比100%近い
  • 肝血流は肝動脈:門脈が1:3、肝細胞がんは主に肝動脈支配
  • 単結節は肝切除、単結節5cmまで、複数結節径3cm3個までなら肝移植
  • 肝切除は肝硬変なく単結節時。門脈圧亢進あれば不可。肝硬変あれば肝移植
  • 2cm未満の結節なら焼灼(ablation)の効果ほぼ100%
  • 透視下カテ注入で唯一生存率改善するのはchemoembolisationのみ
  • 分子標的薬sorafenib(商品名ネクサバール)、regorafenib(スチバーガ)は進行肝がんで生存率改善

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  肝炎は6カ月ごとにエコーで肝がんスクリーニング!

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R08515080 有効期限:8月末まで