メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  MTサーベイ500 »  内科医の8割が無症候でも薬物療法

MTサーベイ500 MTサーベイ500

内科医の8割が無症候でも薬物療法

高尿酸血症の治療実態調査

2018年07月20日 17:43

33名の医師が参考になったと回答 

 痛風の危険因子として古くから認知されている高尿酸血症だが、近年ではエビデンスはやや乏しいものの、腎障害や心血管疾患の面からも治療の必要性が議論されている。今回のMTサーベイ500は、内科系医師の高尿酸血症の治療実態を明らかにすべく調査を実施した。ホットトピックとなっている無症候性高尿酸血症への対応...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  連載・特集 »  MTサーベイ500 »  内科医の8割が無症候でも薬物療法