メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  MTサーベイ500 »  TGへの処方、6割がフィブラート

MTサーベイ500 MTサーベイ500

TGへの処方、6割がフィブラート

 2018年08月03日 15:36
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 日本動脈硬化学会の『動脈硬化性疾患予防ガイドライン』は昨年(2017年)改訂されたばかりだが、次期改訂に向けた議論が既に始まっている。その中で、焦点の1つになっているのがトリグリセライド(TG)の管理だ(関連記事「動脈硬化予防GL、次期改訂に向けた4提案」)。脂質異常症の領域では多くの問題が解決されてきたが、TGは残存リスクの最たるものかもしれない。そこで、今回のMTサーベイ500では、脂質異常症患者を治療している内科系医師にTG診療について聞いた。TGが特異的に高い病態に対しては、6割の医師がフィブラート系薬を選択するなど、興味深い結果が得られた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  MTサーベイ500 »  TGへの処方、6割がフィブラート

error in template: found but mtif was expected