メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  トップジャーナルで学ぶ熱中症マニュアル

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

トップジャーナルで学ぶ熱中症マニュアル

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2018年08月06日 09:45
プッシュ通知を受取る

115名の先生が役に立ったと考えています。

 うだるような暑い日々が続きます。

 今までトップジャーナルで熱中症の総説って見たことなかったよなあと思いながら、N Engl J Medを検索したところ、2002年に掲載された熱射病(heat stroke)の総説(Medical Progress)を見つけました(N Engl J Med 2002; 346: 1978-1988)。

 熱射病は、熱中症の4つの病態(熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病)のうち最重症の病態です。

「なんだ、あるだじゃあ!」と拍子抜けでした。当時は気が付きませんでした。

 古い総説なので2018 Up to Dateも読んで比べてみましたが内容はほとんど変わりませんでした。過去16年、熱中症にあまり大きな進歩はなかったようです。N Engl J Med総説と2018 Up to Dateを併せてまとめてみました。

 N Engl J Med総説、2018Up to Date「熱射病heat stroke」要点は下記18です。

  • 熱失神は皮膚血管拡張による失神、熱痙攣は塩分なしの水分補給による筋痙攣
  • ヒトが耐えうる最高体温は41.6~42℃で45分~8時間。49~50℃5分で死亡
  • 湿度75%以上で発汗蒸発不能。発汗で最大600Kcal/時放熱。抗コリン薬注意
  • 心拍出量が増えないと熱射病起こす。β遮断薬、利尿薬など内服薬に注意
  • 血流の皮膚・筋へのシフトで腸管虚血→腸管透過性が亢進→エンドトキシンが中へ入る
  • 最大酸素摂取量の80%を超えると腸管透過性が亢進する
  • 熱ショック蛋白はシャペロン機能(蛋白折り畳み)で細胞を防御する
  • 熱射病のDICは敗血症と同じ線溶抑制型DIC。CBC、PT、APTTチェック
  • 熱射病診断は深部体温>40℃、中枢神経障害の2つ。無尿の死亡リスクHR 5.24
  • 古典的熱射病は呼吸性アルカローシス、運動性熱射病は呼吸性アルカローシス+乳酸アシドーシス
  • 検査:胸Xp、ECG、CBC、電解質、BUN、Cr、CK、GOT、GPT、 PT、PTT、尿中ミオグロビン、検尿、頭CT
  • DICでは血小板、Plt、フィブリノゲン、PT、APTT、SF、TAT、PIC、AT、TMなど検査
  • 冷却しても意識悪ければ髄膜炎、脳出血、視床下部卒中考えCT、髄液検査
  • 40℃以上の発熱は熱射病、悪性症候群、悪性過高熱考えよ
  • 冷却は40℃の湯を体表にスプレーし扇風機、首・脇・鼠径にシャーベット状氷を
  • 冷却は38~39℃で中止!ノルアド・NSAID使用不可!低血圧には生食を!
  • 震えにはベンゾジアゼピン、悪性症候群でなければクロルプロマジン
  • 横紋筋融解:CK>5,000は生食1~2L/時間、尿200~300mL/時間に。メイロン使用、尿Ph>6.5に

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

初めての街で初めての訪問先。頼りにするのは?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  トップジャーナルで学ぶ熱中症マニュアル

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10515371 有効期限:10月末まで