メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  血栓回収療法のために適切な転送を提案

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

血栓回収療法のために適切な転送を提案

一次脳卒中センターから包括的脳卒中センターへ

 2018年08月24日 06:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

ガイドラインの背景:転送決定の評価は、方針決定の妥当性の観点から行う

 大血管閉塞(large vessel occlusion;LVO)による急性脳梗塞に対する血管内血栓回収療法(endovascular thrombectomy;EVT、以下、血栓回収療法)は、2015年から標準治療となっている。血管内治療が施行できない一次脳卒中センター(primary stroke center;PSC)から血管内治療が施行できる包括的脳卒中センター(comprehensive stroke center;CSC)に転送する際、最終的に血栓回収療法が施行されない場合や、血栓回収療法を施行しても予後が悪くなる場合がある。このような場合は、転送が事後に"無益"であったと解釈され、脳卒中患者の転送およびトリアージにおいて転帰を基準に転送を定義すると、これは無益な転送(futile transfer)であり、資源の浪費(resource wastage)と判断されてしまう。

 今回、転送に関するガイドラインがカナダ・University of CalgaryのGoyal、Menonらによって提案された(Int J Stroke 2018; 13: 550-553)。このガイドラインでは"無益"という言葉を使わず、"適正"という用語を使用している。転送決定の評価は、方針決定の妥当性の観点から行わなければならないと提唱する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  血栓回収療法のために適切な転送を提案

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R09515579 有効期限:9月末まで