メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  抗IgE抗体はなぜ慢性蕁麻疹に効くのか?

注目アレルギー論文 注目アレルギー論文

抗IgE抗体はなぜ慢性蕁麻疹に効くのか?

帝京大学内科学講座呼吸器・アレルギー学教授 山口正雄

 2018年08月28日 06:00
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 当初、抗免疫グロブリン(Ig)E抗体は、吸入アレルゲン感作が陽性で既存の薬剤を十分に用いてもコントロールが不良である喘息を対象に使用していた。抗IgE抗体を投与することで、それまでの治療では発作が頻発した患者でも発作が激減するという変化が観察されるようになった。しかし、抗IgE抗体が上市されて以降、全く予想されていなかった臨床効果が慢性蕁麻疹に対して見いだされた。今回は、抗IgE抗体による同疾患への治療効果を示した報告(N Engl J Med 2013; 368: 924-935)など、複数の知見の内容を踏まえつつ論じたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  抗IgE抗体はなぜ慢性蕁麻疹に効くのか?

error in template: found but mtif was expected