メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  明らかな適応のない患者のPPI、H2ブロッカーを中止せよ!

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

明らかな適応のない患者のPPI、H2ブロッカーを中止せよ!

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2018年09月06日 17:08
プッシュ通知を受取る

111名の先生が役に立ったと考えています。

 N Engl J Med2018; 378: 2506-2516) に「入院患者の上部消化管出血予防」がありました。読んでいてひどくギクリとしましたのでまとめてみました。

 著者の名前である"Deborah Cook"の"Deborah"って一体どういう語源なのだろうと調べてみたところ、ヘブライ語で bee (蜂)のことでした。ユダヤ系の名前なのですね。

 本日の総説、最大のポイントは「明らかな適応のない患者のプロトンポンプ阻害薬(proton pump inhibitor; PPI)、H2ブロッカーを中止せよ!」です。

 その理由は、

「ICU患者、人工呼吸器患者、DAPTで制酸薬使用を推奨する!
しかしリスクのない一般病棟患者、退院患者には投与するな! 
院内肺炎、C. difficile感染が増加する!」

です。

 退院後も、制酸薬が続行されていることが多過ぎるというのです。

 N Engl J Med総説「入院患者の上部消化管出血予防」重要点は下記8点です。

  • ICU・人工呼吸器患者・DAPTでは制酸薬投与推奨!
  • 一般患者は制酸薬で腸内細菌叢が乱れ、肺炎、C. difficile増加!
  • 制酸薬による感染の罹患率、死亡率、コストは胃腸出血より高い
  • 胃虚血で粘膜層破綻、H+の酸素・CO2による胃腔→粘膜層へのdiffusion低下
  • ストレス潰瘍は2日以上の挿管・人工呼吸器使用、ICU入室、凝固障害で発生
  • 一般病棟患者のストレス潰瘍発生は0.4%以下
  • ストレス潰瘍予防にはH2ブロッカーよりPPIが有効!
  • C. difficile感染でPPIは抗菌薬に次ぐリスク因子!!!

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今の勤務先に満足していますか?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  明らかな適応のない患者のPPI、H2ブロッカーを中止せよ!

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R09515740 有効期限:9月末まで