メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  紛れやすい成人期ADHDの捉え方

疾患トピックス 疾患トピックス

紛れやすい成人期ADHDの捉え方

鑑別、治療を成功に導く方法とは

 2018年09月07日 17:05
プッシュ通知を受取る

1809003_wef_pho1.jpg 従来、小児を中心に診断されると考えられていた注意欠陥多動性障害(ADHD)。近年、成人でも多く確認されるようになり、その適切な診療を求めるニーズが高まっている。だが、非専門医にとっては縁遠い疾患であり、アプローチに二の足を踏んでしまうことも多い。成人期ADHDの診療を専門とする昭和大学精神医学講座主任教授の岩波明氏に、他の精神疾患と鑑別するこつや望ましい治療法について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  紛れやすい成人期ADHDの捉え方

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11515772 有効期限:11月末まで