メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  ただ者ではない抗IgE抗体

注目アレルギー論文 注目アレルギー論文

ただ者ではない抗IgE抗体

帝京大学内科学講座呼吸器・アレルギー学教授 山口正雄

 2018年09月26日 06:15
プッシュ通知を受取る

62名の先生が役に立ったと考えています。

 免疫グロブリン(Ig)E抗体はマスト細胞や好塩基球と結合する際に、細胞膜上の受容体(FcεRI)に結合する。IgE抗体がFcεRIに結合するだけでアレルギー反応が起きることはなく、抗原が侵入してIgE抗体に結合、架橋することにより細胞が活性化されてアレルギー反応が惹起される。
 今回は、こういった機序をターゲットとして開発された抗IgE抗体(オマリズマブ)に関する論文(Curr Opin Immunol 1995; 7: 779-782Nat Immunol 2002; 3: 681-686)を基に、オマリズマブの興味深い機能について紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  注目アレルギー論文 »  ただ者ではない抗IgE抗体

error in template: found but mtif was expected