メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  インフルエンザ治療に革命は起きるか?

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

インフルエンザ治療に革命は起きるか?

神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

2018年10月01日 06:15

69名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 今年(2018年)の2月に厚生労働省が製造販売を承認したインフルエンザ治療薬バロキサビルマルボキシル(商品名ゾフルーザ。以下、バロキサビル)。早い実用化のために「先駆け審査指定制度」を利用し、驚くほどの短期間で承認、販売された。  バロキサビルは従来のノイラミニダーゼ阻害薬とは作用機序が異なる、ポ...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

薬のデギュスタシオン2

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  インフルエンザ治療に革命は起きるか?