メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  今日はなんの日? »  10月13日は世界血栓症デー

今日はなんの日? 今日はなんの日?

10月13日は世界血栓症デー

 2018年10月13日 06:00
プッシュ通知を受取る

 血栓症の認識を高め診断・治療を促進し血栓症による障害や死亡を減らすことを目的に、国際血栓止血学会(ISTH)が2014年に10月13日を世界血栓症デーに制定し、日本血栓止血学会が日本記念日協会に登録した。日付は血栓症という用語をつくり、その主な原因(血液の停滞、血管内皮障害、血液凝固能亢進)を提唱したドイツの病理学者ルドルフ・ウイルヒョウ(Rudolf Virchow)の誕生日(1821年10月13日)にちなんでいる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

米がコロナワクチン特許保護停止を容認

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  今日はなんの日? »  10月13日は世界血栓症デー