メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  敗血症治療は1時間以内に「乳液で培菌で昇」!

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

敗血症治療は1時間以内に「乳液で培菌で昇」!

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2018年10月15日 06:00
プッシュ通知を受取る

44名の先生が役に立ったと考えています。

 Lancet2018; 392: 75-87)に「敗血症と敗血症性ショック」のセミナーがありました。

 大興奮、世界最新の敗血症総説です。この2、3年で敗血症の診断と治療は大きく変化しましたが、この総説が大変分かりやすく現状をまとめてくれました。4人の著者のうち、3人はSSC(Surviving Sepsis Campaign)に関わったメンバーです。

 Lancet総説「敗血症と敗血症性ショック」最重要点は次の10点です!

  • SSC hour -1 bundle : 乳液に培菌で昇(乳酸、輸液、血培、抗菌薬、昇圧剤)
  • 輸液はClの高い生食より、低い乳酸リンゲル、ハルトマンにせよ。腎障害少ない!
  • 敗血症定義:感染+臓器障害(SOFA 2点以上)
  • 敗血症性ショック定義:mBP≧60保つのに昇圧剤要し、かつ乳酸18以上
  • 感染見たらqSOFA計算:SBP≦100、R≧22、GCS<15、各1点。2点以上注意
  • SOFA 2点以上で敗血症! Cr 2、Bil 2、血小板<10万はそれぞれ2点
  • 感染源不明時はMEPM+VCM、肺炎LVFX+ゾシン+VCM、尿路MEPM、胆道ゾシン
  • 敗血症は肺64%、腹20、血流15、泌尿14。ICUではブ菌、緑膿菌、大腸菌多い
  • 敗血症は「火付け(炎症)」と「火消し(免疫抑制)」が同時にいる
  • 乳酸は治療の指標、BGは180以下、新昇圧剤:selepressin、angiotensinⅡ

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  敗血症治療は1時間以内に「乳液で培菌で昇」!

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11516552 有効期限:11月末まで