メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ホーム »  連載・特集 »  〔最新論文〕私はこう見る »  薬物療法を上回るというPCIの新たな意義

〔最新論文〕私はこう見る 〔最新論文〕私はこう見る

薬物療法を上回るというPCIの新たな意義

東京医科大学八王子医療センター循環器内科 田中信大

 2018年10月18日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

― 論文 ―

『FFRガイドPCIの5年アウトカム』(FAME2研究)

N Engl J Med 2018; 379: 250-259

研究の背景:COURAGE試験結果の影響

 FAME研究により、冠血流予備量比(Fractional Flow Reserve; FFR)を用いて経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の適応を決定することで、従来の血管造影を用いた判断によるPCIよりも、その後のイベントを約30%減らし、予後を改善するばかりでなく、医療経済的にもメリットがあることが示されていた。このFFRをガイドとしたPCIは、冠動脈バイパス術(CABG)の成績にも匹敵することが期待され、FFRガイドPCI vs. CABGという研究案が浮上していたが(現在FAME 3研究として進行中)、安定狭心症に対する至適薬物療法(OMT)にPCIを上乗せしても長期的利益を認めなかった、COURAGE試験が報告されたことにより、「PCIはOMTと比べ予後を改善していないのではないか」という疑問に対する回答が必要となった。そこで行われたのがこのFAME 2研究であり、FFRにて有意狭窄と判断された病変を1つ以上有する症例を、PCIを行う群とOMTにより観察する群にランダム割り付けし、その後5年間の観察結果が報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  〔最新論文〕私はこう見る »  薬物療法を上回るというPCIの新たな意義