メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  潜在性結核にはリファンピシンを

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

潜在性結核にはリファンピシンを

神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

 2018年11月01日 10:10
プッシュ通知を受取る

50名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

研究の背景:非劣性試験とは「少し劣っててもいいやんけ」

 非劣性試験(non-inferior trial)という研究デザインがある。分かりにくい。「非劣性ではなかった(not non-inferior))とか言われると、「二重否定使うんじゃねえ!学校で教わらなかったか?」とツッコミたくなる。  ま、僕は非劣性試験のエキスパートではない。ので、詳しいことは、京都大学の山本舜悟先生の解説が秀逸なのでそちらに譲るとして、「詳しくない」ことというか、本質について述べる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  潜在性結核にはリファンピシンを

error in template: found but mtif was expected