メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  HbA1cの"下限値"を考える

疾患トピックス 疾患トピックス

HbA1cの"下限値"を考える

糖尿病①

 2018年11月05日 06:05
プッシュ通知を受取る

 今年(2018年)3月、米国内科学会(ACP)が「薬物療法中の2型糖尿病患者のHbA1c管理目標を7%以上8%未満とする」声明を発表した。日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同指針では、高齢者には健康状態や使用薬剤などに応じて6.5~7.5%の下限値を設定しているが、2型糖尿病患者全般について7%の下限値を設けたACPの声明は極めて異例だ。下限値の問題を中心にHbA1c管理目標について、国立国際医療研究センター糖尿病研究センター長の植木浩二郎氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  疾患トピックス »  HbA1cの"下限値"を考える