メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  プロバイオティクスってどうよ?

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

プロバイオティクスってどうよ?

神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

 2018年12月01日 06:00
プッシュ通知を受取る

41名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

研究の背景:注目される腸内微生物とプロバイオティクス治療

 国内外でプロバイオティクスが注目されて久しい。抗菌薬(antibiotics)が菌を殺す薬なのに対して、プロバイオティクス(probiotics)は微生物そのものを投与する。通常は経口投与だ。その微生物が腸内の細菌叢に好影響をもたらし、さまざまな健康上の利益があるのではと言われているのだ。

 そもそも、腸内の微生物そのものが現在注目されている。抗菌薬の乱用で腸内細菌叢のバランスが崩れ、Clostridium difficileのような耐性菌が疾患を起こすことはよく知られている(Clostridium difficile infection, CDI。最近、ClostridiumClostridioidesと改名されたが、まあ面倒なことである)。が、それだけでなく腸内細菌は、健康と多様な疾患に深い関わりがあることが分かってきた。アレルギー疾患、動脈硬化、肥満、がん、不安障害のような精神科疾患・・・。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  プロバイオティクスってどうよ?