メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 堀向健太(小児科) »  食物経口免疫療法、標準化への道険し

ドクターズアイ 堀向健太(小児科) ドクターズアイ 堀向健太(小児科)

食物経口免疫療法、標準化への道険し

 2019年01月18日 06:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:潜在的なリスクと標準化の遅れが課題

 食物アレルギーに対する免疫療法には、経口、皮下、舌下、経皮の投与ルートがある。古くは1908年の経口免疫療法の症例報告にまでさかのぼるが、近代的な研究は1992年にピーナツ皮下免疫療法が実施されてからである(J Allergy Clin Immunol 1992; 90: 256-262)。しかし皮下免疫療法は極めて危険性が高いことが判明し、現在では行われていない。そしてようやく2006年、食物アレルギーに対する経口免疫療法の症例報告が発表され(Dig Dis Sci 2006; 51: 471-473)、最近では各種の食物アレルギーに対する症例報告やランダム化比較試験(RCT)が増えてきている。

 近代的な研究の開始後10年以上が経過した食物経口免疫療法だが、まだ検討が必要であることは間違いない。この療法が一般に使用できない理由としては、危険性が払拭できない点、標準化されていない点が挙げられる。

 こうした状況の中、食物経口免疫療法に標準化の動きが出始めている。AR101と名付けられたピーナツアレルギーに対する経口免疫療法薬は、既に第Ⅱ相試験が報告されていた(J Allergy Clin Immunol Pract 2018; 6: 476-485.e3)。そのAR101に関する第Ⅲ相試験である大規模RCTの結果がNEJM誌に報告されたのでご紹介したい(N Engl J Med 2018; 379: 1991-2001、関連記事「ピーナツアレルギーに有効な経口免疫療法薬」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 堀向健太(小児科) »  食物経口免疫療法、標準化への道険し

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R02518518 有効期限:2月末まで