メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【抗インフルエンザ薬】バロキサビル

新薬at a glance 新薬at a glance

【抗インフルエンザ薬】バロキサビル

7割がバロキサビルの「処方増やす」、新旧薬の世代交代が進む年に

 2019年01月22日 17:01
プッシュ通知を受取る

76名の先生が役に立ったと考えています。

 いよいよインフルエンザの流行シーズンに突入した。1回内服するだけで効果が期待できるバロキサビル(商品名:ゾフルーザ)の登場により、インフルエンザ治療はどう変わるのか。Medical Tribuneでは、インフルエンザ治療に携わる医師約200人にアンケートを行い、結果を分析するとともに、専門家へのインタビューを踏まえて治療動向を探った。調査結果を見ると、7割近くの医師が今シーズンにバロキサビルの処方を「増やすつもり」と回答。逆に、従来多く処方されてきたオセルタミビル(タミフル)やラニナミビル(イナビル)の処方が減り、新旧薬の世代交代が進む構図が見えてきた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【抗インフルエンザ薬】バロキサビル

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R05518442 有効期限:5月末まで